FXの税金支払額を少しでも抑える方法のご紹介

資産形成方法として流行のFXはレバレッジを効かせることによって、外国為替市場の動きによってはかなりの収益を上げることができるなど、効率的な資産運用ができるということで、個人が気軽にインターネットからアクセスしてFXに参加できるようになっているという現在、注目されている投資活動であるわけです。
実際にFX取引をすると、思いがけない金額の利益をあげるということもあり、そうなると利益に応じた税金を支払うことになります。
リスクをとってFX取引に励んだのに、総合課税の場合は1800万円以上の利益だと50パーセントを税金として徴収されてしまうのは、いかにも辛いところなのです。
そこで私が紹介したい、税金支払額を少しでも抑える方法は、申告分離課税の方式がとれるFX取引会社に投資用口座をつくるという方法なのです。
なぜならば、申告分離課税方式をとっているのであれば、1800万円以上の利益を上げたとしても、一律20パーセントの税額で済むということになり、かなりの節税で税金支払額を抑えることができるからなのです。