FXには税金がかかります

FXと言えば、現在かなり人気がある投資の方法ですよね。
例えば、サラリーマンとか主婦に人気があって、その理由の一つが24時間取引が出来るという事です。
いつでも取引が出来るので、しっかりとした知識と、後は経済の動向を予測してうまく取引をする事が出来ると、初心者でも結構簡単に利益を出す事が出来ます。
ただ、実はFXで儲かった分に対しても、税金がかかってくるのをご存知でしょうか。
税金と言えば、所得に対してかかってくるイメージがあるのですが、FXの利益に関しては、雑所得とみなされるんです。
雑所得とは、所得税法で定められた所得の何に該当しない所得の事です。
FXはギャンブルではないので、この利益が所得となります。
雑所得とみなされるために、結局は利益の10%程度は税金として納税する必要が出てきます。
ただ、納税は国民の義務なので必要な事ですが、ただ何も知らないで税金を払うのではなくて、ちゃんと税金の事について知ってから払う方が良いと思いませんか。
その為、FXを始める時は、しっかりと税金について、そして確定申告について知っておく必要があります。
また、FXの利益ですが、すべて申告して税金を払わなければならないという訳ではないのをご存知でしょうか。
実は、年間の利益が20万円以下の場合は、納税の義務は生じないんです。
つまり、月々1万5、6000円位稼ぐ感じであれば、別に納税する必要はないという事になります。
とはいえ、月々もっと利益を出したいと思う人もいますよね。
そういう時は、しっかりとFXの税金対策を知っておく必要があります。
例えば、くりっく365とかを知る事とかも重要です。
このくりっく365ですが、手数料の面では少々高めな傾向がありますが、利益が多い場合に税率が割安になったりするんです。
また、損失を3年間持ち越せたりするというのもあります。
FXを楽しんで行きたいと思っているなら、ただ税金を払う事だけを知っておくのではなくて、色々な税率についてとか、どうするとお得かとかを知っておくのがお勧めです。
ちなみに、私の場合は利益を税金がかからないギリギリラインにするようにしています。
FXではちょっとお小遣いを稼ぎたいだけなので、私には丁度いいかな、なんて思っています。