FXで利益が出たら確定申告をするのが、もっとも有効な節税対策となります

FXで利益が出たら確定申告をするのが、もっとも有効な節税対策の手段となるでしょう。
そのためには、どんな人が確定申告しなければならないのか、ということをしっかりと把握しておくとよいでしょう。
外国為替証拠金取引で利益が出たとしても、対象でない人であるなら、わざわざ確定申告をする必要はないのです。
確定申告をしなければならない人は、会社などに勤めていて、その給与の年間の収入が2000万円を超えている人と、人と会社から給与をもらっている上に、給与や退職金以外の所得が20万円を超えている人、二つ以上の会社から給与をもらっていて、どちらか一つの会社が年末調整をしていないうえに、その収入が20万円を超えている場合などです。
年間の収入が2000万円を超える人、2つ以上の会社から給与をもらっている人はなかなかいないと思いますので、外国為替証拠金取引で利益が出たとしても、確定申告をしなければならないというようなことにはそうそうならないことでしょう。