FXの税金対策として有効なのは、必要経費を増やすことです

FXの税金対策として有効なのは、必要経費を増やすことです。
必要経費を増やす方法としてもっとも有効な方法の一つは、国民年金基金に加入することです。
国民年金基金は、確定申告では必要経費ではなく、所得全体から差し引く社会保険料控除に分類されるものですが、外国為替証拠金取引以外に収入がない、という人にとっては必要経費と同等の節税対策となります。
外国為替証拠金取引以外に収入があるという人なら、なお節税効果は高まります。
国民年金基金は、国民年金の給付額に上乗せして年金を給付するというもので、支給額は最初から決められています。
したがって、あとで減ったりする心配はありません。
また、国民年金基金には、全額が社会保険料控除の対象となるという大きなメリットもあるうえ、受け取るときには利息にあたるものが加算されて、払った金額より多い金額がもらえるようになっています。
国民年金基金の掛け金は月々4万円まで増やせるうえ、年金のタイプも終身給付のものを選ぶことができます。
また、収入の増減により毎月の掛け金の支払いがきついと思ったときは、掛け金の増減が簡単にできるのも、国民年金基金の魅力的なところです。
しかし、途中で基金を脱退しますと、これまで払った掛け金を受け取ることはできなくなりますので注意しましょう。
また、社会貢献しながら税金を減らしたいというときは、外国為替証拠金取引の利益の一部を環境保護団体などに寄付するという方法もあります。
寄付をしても、領収証をもらえば確定申告での控除の対象となります。