レバレッジとは?

fxが少額の資金でも多額の利益が得られると言われる、そのカギを握っているのが、レバレッジです。
レバレッジとはてこの原理を利用したものです。
例を挙げて考えてみます。
例えば、現在、1ドル=100円だとします。
そこで、1万ドルの投資をすることにしたとします。
元手資金は、100万円必要なはずです。
このとき、fxでレバレッジを10倍にして取引するとどうなるでしょうか?
1万ドル分の投資をするのに10倍のレバレッジをかけるので、必要となるのは、千ドルです。
日本円に換算するなら10万円の資金があれば、1万ドルの投資が可能となります。
証拠金を10万円支払って、1万ドルのトレードをするという具合です。
これが外貨預金に1万ドル投資する場合ですと、1万ドルは1万ドルで変わりはありません。
預入時に必要となる日本円は100万円になります。
さて、為替相場が動き、1ドル=105円の円安になるとどうなるでしょうか?
外貨預金は、評価額が105万円に増えます。
預入時から考えると5万円の利益になります。
fxはというと、やはり、為替差益は、(105円/ドル―100円/ドル)×1万ドル=5万円となります。
為替差益としては、外貨預金もfxも同じ金額ですが、外貨預金が100万円の元手資金が必要だったのに対し、fxは10万円の元手で、5万円の利益が得られたことになります。
このように、レバレッジのかけられない外貨預金と比較してみると、fxトレードにおける、少額の資金で、多額の利益を狙うチャンスがあるというレバレッジについては、理解していただけたかと思います。
さて、逆に、円高になった場合はどうでしょうか?
例えば、1ドル=100円から1ドル=95円の円高になったとします。
外貨預金は、100万円の評価額が、95万円に下がり、5万円の為替損が発生します。
fxもまた、為替損が出て、(95円/ドルー100円/ドル)×1万ドル=-5万円やはり、5万円の損失が生じます。
100万円のお金が用意できなくても、少額の10万円で取引が始められるfxですが、その半分もの金額である5万円の損をしてしまいました。
これに耐えられる余裕があればいいですが、なけなしのお金を無理して使っていたとなると大変です。
fxを行うときは、余裕資金を用い、かつ、レバレッジの倍率も、慎重に考えて設定しましょう
損切りのルールを設けておくことも、損失拡大防止のための重要な助けとなります。