魅力は2つの利益獲得方法。

fxで収益を上げる1つの方法は、為替差益を得ることです。
通常の外貨預金や外貨MMFであれば、円高で預入れ、その後、円安が進行し、タイミング良く解約して外貨を円に換えることで、為替差益が得られます。
fxの魅力は円安だけでなく、円高局面でも、為替差益を得る機会があることです。
円安になると予想すれば、買いからトレードを始め、予想通りに円安になれば差益が生じます。
円高になると予想すれば、売りからトレードを始め、予想通りに円高になれば、やはり佐伯が得られるのです。
例えば先に100円で売っておけば、後から95円の円高になった場合、5円の差益が生じます。
もちろん、予想と逆に動けば、為替差損が生じることも忘れてはいけません。
fxでは為替差益以外にも収益獲得の機会があります。
外貨預金で利息が得られるように、fxにおいてもスワップポイントという利息のようなものがつくのです。
スワップポイントというのは、少々分かりづらいですが、通貨国の金利差をさしています。
現在は、日米の金利差も以前に比べ多くく縮まってはいますが、日本に対し、米国の金利が高いとした場合、fxで円売り、ドル買いを行うというトレードを行うと、円と米ドルの金利差をスワップポイントとして受け取ることができます。
買った通貨を直ぐにぐに売ってしまわず、その保有通貨(建玉)を翌営業日以降に繰り越すことでスワップポイントが付くのが通常です。
1ドル100円の時に1万米ドルをレバレッジ10倍で取引する場合、必要な証拠金は10万円です。
外貨預金に比べれば、10分の1の資金で、1万米ドルの取引が可能なわけですが、スワップポイントも、この1万米ドルに対して付されるので、お得といえます。
円ドル取引に限らず、高金利通貨を買う場合は、スワップポイントを受け取ることができます。
逆に、高金利通貨を売って建玉を保有する場合には、スワップポイントの支払いをしなければなりません。
例えば、米ドルの金利が円より高い時に、米ドルを売る取引をし、そのまま保有する場合は、米ドルと円との金利差の支払いが生じます。